住宅

輸入住宅の内装

輸入住宅のデザイン性や機能性の良い内装について、その魅力と一緒にお伝えしていきたいと思います。
輸入住宅には、洗練されたデザインの外観が目立ってしまいますが、内装に関しても随所にこだわりが詰め込まれております。まずは、床やタイルですが、基本的に輸入住宅の床はフローリングとなっておりますが、その床に使用される床板も、輸入先の北欧や北米となっております。質感や見た目も日本の材木に比べると、輸入住宅の外観と合っており日本の床板とはまた違った風合いを感じさせてくれます。木のぬくもりを感じさせてくれるアイテムの一つとして、フローリングも役立っております。
次に、収納力についてですが、寒い地方の住居になりますので、冬は買い出しに行く機会が減ってしまいます。その為、輸入住宅には床下収納やその他の収納のスペースがしっかりと確保されております。少量のストックであれば特に収納棚やラックといったものは必要がありません。
最後に、柱の少ないオープンな間取りですが、輸入住宅は建物の壁全体で家を支えておりますので、日本の住宅のようにたくさんの柱を必要としません。その為、必然的に柱が少なくなり、開放的な空間を演出してくれます。

最新記事

輸入住宅の種類

輸入住宅に住みたい!と考えられている方は近年増加傾向にあると言われております。輸入住宅と一言で言っても種類があります。購入にあたってどんな輸入住宅がいいのかを事前に考えておく必要があります。ここでは輸入住宅のデザインや種類の紹介をしていきたいと思います。 北欧住宅とは、主にスウェーデンやフィン…

詳細を読む

輸入住宅のメリットを考えてみる

輸入住宅がなぜ人気なのかを輸入住宅のメリットと一緒にわかりやすくお伝えしていきたいと思います。輸入住宅の多くは、北米や北欧といった日本に比べてはるかに寒く寒暖の差が激しい地域で使われている居住空間です。その為、断熱性や気密性には特に力を入れております。生活の知恵というのが輸入住宅には詰…

詳細を読む